パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

iPhone7 ストラップ その後

Amazon プライム恐るべし。注文したその日にストラップ TR-LSI-BK が届いていた。ということで、ひとまず iPhone6 で、試してみた。個体差なのかなんなのか、実際に固定するのは、結構難しい… というか、なんとか固定する方法は見つけたのだが、それで正しいのかどうかよく分からず…

まず、ロックボタンを解除(赤い色が見える)状態で、Lightning 端子に奥までしっかり差し込むと、いくら頑張ってもロックボタンをロック位置にすることが出来ない。で、ロックボタンをロックする方向に力を少し加えつつ、全体を Lightning 端子からゆっくりと抜いていくと、途中でロックがかかる。2mm 程度、本体から、差し込む部分が露出した状態。この状態で、一応ストラップで本体をぶらぶらぶら下げてもストラップが抜けない。結構しっかり固定されているようだ。

ただ、ロックの解除は結構軽くて、間違って外してしまわないかちょっと気になるレベル。これであっているのか、良くわからない。箱に書かれた説明だと、結構奥まで差し込む感があるのだが。

シリコンのひもの質感は、小生、結構気に入った。普通の紐よりもなんか先進的な感じがして、iPhone にマッチしている感じ。ちょっと大げさか。

で、昨夜早速入手した iPhone7 にも取り付けてみた。装着具合は、iPhone6 と全く同じ。一度差し込んで、ゆっくり抜きながらロックを掛ける感じ。慣れれば素早くできるのかな。平日は、毎日、iPhone を充電しているので、少なくとも一日1回このロックと解除の操作が必要になる。どうせなら、Lightning 端子の信号をスルーしてくれる機能があれば、素晴らしいのに。かなり高くなりそうだが。

ちなみに、iPhone5S にも挿してみた。こちらも同様、一番奥まで差し込むとロックできず、1mm 程度引き抜いた所でロックできる。iPhone6/7 よりも差込部の露出は格段に少ない。強度的には分からないが、しっかり固定されている感は、こちらの方が上である。iPhone5S 以前用で設計されていたのか、と思う。

耐荷重なんかの表示もないし、Lightning 端子でのロックにどれくらいの強度があるのかわからないのが、多少不安。小生のように、たんに置き忘れを防ぐためのストラップならいいが、妻のように首にかけるために使うには、どうかな。ロックが外れやすそうなのもあるし… はてさて。