パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

マウス操作って難しい

仕事でちょっと Windows のアプリの操作を動画にしていたのだが、自分のあまりのマウス捌きの酷さに愕然としてしまった。総時間5分余りの尺なのだが、何度も何度も取り直して、自分の集中力の無さにもがっくり来る状況だったのだが、それでもマウス捌きは全然うまくなっていなかった。

一番ひどいと思ったポイントは、メニューやボタンを押す際、必ず行き過ぎてから戻ってクリックしているところ。同じメニューやボタンを何度も押していれば、そこへ吸い込まれるようにマウスカーソルを動かせるようになるかとか思ったのだが、そんな事は全くない。必ず、行き過ぎてからちょっと戻るという操作をしていた。自分では、多少気が付いていなくも無かったが、実際操作を録画してみてみると、ここまで酷いことがよくわかった。

Youtube 等で、マウス操作の様子を(というかアプリの操作説明を)公開している人は結構いるので、それを見てみると、同じように行き過ぎて戻る人もそこそこはいるようだが、一般的には、そこまで激しくマウスを動かさず、適切にクリック等している印象。やっぱり性格がでるのかも。視覚からの手までのフィードバックが遅いのかなぁ。行き過ぎてから気がつく? それとも、画面上の距離から手を動かす量の推測精度が低い? マウスは加速機能もあるので、なかなか簡単には推測できないとは思うが…

ということで、どうやればもっとうまくマウスを動かせるようになるのだろうか、考えてみたい。実際のターゲットの手前を目標に一度マウスを高速に移動させてから、じっくりターゲットに持っていく、という操作を自然にできるようになるとか… なんか無理っぽいな。

タッチパネルとか使うとより正確なオペレーションができたりするのだろうか。ためしに 21 インチとかのでっかい液晶タッチパネルで操作してみたいものだ。