読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

日立マクセル 机にも投射できる超短焦点プロジェクタ SP-1J

Impress さんの記事。昔からプロジェクタはあった(光源がランプから LED やレーザーになったとは言え)にもかかわらず、コンシューマー機で、超短焦点タイプが色々出てきたのは、ここ2~3年のような気がする。何か光学系に技術革新があったのだろうか。DLP と LED によって、単光源、単光路でカラー映像を出せるようになり、一つの光学系にコストを掛けられるようになったとか?

それはさておき、超短焦点を利用して、机に投射する事もできるプロジェクタ SP-1J。机に投射する短焦点プロジェクタといえば、SONY の LSPX-P1 が記憶にあたらしいところだが、100ルーメンの明るさに、SP-1J は 500 ルーメンで、実用性を上げてきたような印象。個人用というよりは、ビジネス・教育現場で使うことを意識しているそうな。それならもう少し明るくてもいいかな、とか思わないでも無いが。

筐体もそこそこ大きさがあって、常に机の上に置いておくのは厳しそうな感じ。後、机の表面への条件がどんなものかが気になる所。できるだけ白いほうが良いのは当然として、マットなのが理想だろうか。まぁ、最悪、白い紙をひいてしまえば OK か。ただ、36 インチと言えば、横 80cm 程度もあるそうな。A4 だと 3x3 枚くらい繋げないといけないかも。A3 2枚ならそんな手間じゃないか。

個人的には、天井に貼り付いて投射できると面白いように思うが… そうなると 36 インチじゃちょっと心もとないか。電灯用のコネクタにぶら下げて設置したりして。