読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

LG, Optoma 超小型プロジェクター 新製品

hard AVC

Impress さんの記事(LG PH450UG、PH150G, Optoma ML750STS1)。

どの機種も LED 光源で DLP パネル搭載の超小型プロジェクター。LG PH450UG は超短焦点モデルで、バッテリー内蔵なのがなかなかにユニーク。さすがに手のひらサイズというには、ちょっと大きいが、よくある超単焦点のプロジェクターをそのまま小さくしたような筐体で、実物は意外にかわいい感じかもしれない。450 ルーメンで 1280x720 ピクセルあるし、白い壁さえあれば、すぐに映せる感が強い。33 cm の距離で 80 インチは凄いな。本体も小さいので、実質壁から 60cm に全て入るという所だろうか。まぁ、超短焦点だと、スクリーンの平坦性が非常に重要にはあるのだが。

LG PH150G は手のひらサイズのプロジェクター。このクラスで 130 ルーメンだと多少明るいかな、くらい。スペック的には、特記すべきところはない感じ。後は、レンズの性能やファンノイズとか、カタログに載らない項目が重要かも。この辺りはレビュー待ち。価格が 4万円未満というところは魅力的かも。

Optoma の ML750STS1 も手のひらサイズで、超短焦点プロジェクター。700 ルーメンで 3D 対応。上記、LG の機種と比べると、突き抜けた所は無いが、全てのスペックを高いレベルで揃えてきた感じ。700 ルーメンは、手のひらサイズでは突き抜けているかも。熱的な所が気になるくらいだ。ファンが五月蝿いかもしれない。

無線 LAN 機能設定の画面がなんとなく EZCast の画面を彷彿とさせる。なにか関係があるだろうか。無線 LAN ドングルは実は EZCast の Optoma カスタマイズ版なのかもしれない。

個人的には、Optoma ML750STS1 が非常に魅力的に見えるが、そんな経済力は無いので指をくわえるだけである。