パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

iCloud でメールを削除しても空き容量が増えない… 解決

昨日から引き続き、iCloud の空き容量は 725MB から増えないまま。メールが 2.4GB を占めている。そんな時、昨日予約した Apple の電話サポートが今日かかってきた。さくっと解決するかと思いきや、結構時間がかかった。最終的には、空き容量については解決したのだが、iCloud なかなか微妙なサービス…(後述)

時間がかかったのは、電話サポートが3段階を経るくらい面倒なトラブルだったからのようだ。最初に一般の?サポート担当の方、次にエキスパートの方、そして最後は、直接小生のアカウントで対応してもらう、という感じだった。先方に言われたパスワードに自分のアカウントのものを変更して、サポート担当の人にいじってもらう。職場のメールなんで、守秘義務上まずいのだが、Apple さんを信じて託してしまった。小生のものではない iMac 21.5" からのサインインがあった、とかいうメールが届いたりして… 怖いが仕方ない。結局、何度か電話してもらって解決するまで 1~2 時間かかった。

さて、原因は、先方の調査によると、一気に大量のメールを削除すると、削除処理の途中でストールしてしまうことがあるとのことで、今回はそれが原因で、空き容量が増えなかったらしい。実際、2万通程度を一気に消そうとしていたようだ。Chrome から、iCloud のメールボックスを見ると、全てのフォルダー分合わせても 100通いかない状態だったが、サポートの方が見ると、2万通以上受信ボックスにある状態だったらしい。こうなってしまうとユーザには打つ手なし、っぽい。色々身分確認とかして、サーバーから削除してもらうしかない。

今後どうしたらいいのか訊いた所、結論としては、メールの削除は、一度には 200通以内にするのが望ましいとのこと。それって数日おきには、少なくとも削除操作しないといけないペース。現状、時々まとめて既読にする操作等しているが、それを削除操作に変える感じだろうか。ちなみに、iCloud の有料グレードアップしても、容量が増えるだけで、この制限は変わらないとのこと。まぁ、容量増やしたら、削除する必要性もなくなるかもしれないが。

電話サポートは、かなり丁寧な印象で、好感の持てるものだった。事前に今後の対応内容について説明してもらえたり(同様の事案で、これで解決したのでやってみる、とか)、割ときちんと知識のある方が対応している感じ。それはいいのだが、iCloud のシステムの方がこの体たらくでは…

後、Windows 向けの iCloud アプリとか、Outlook との連携とかは、特に必要がなければインストールはいらないそうな。Web ブラウザから iCloud にアクセスするのが、MaciOS 端末から以外では、一番まっとうなそうだ。

ということで、今回のトラブルについては解決した。一応、システムの方にも情報は上げてもらえているそうなので、今後の改善に期待したい。ついでに、ブラウザからメールを見た際に、未読だけでなく既読メールの数も見えるようにして欲しい希望も出しておいた。反映されるかなぁ。