パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

RICOH レーザー光源 短焦点プロジェクタ WXL4540

ITmedia さんの記事RICOH さんのプロジェクタは、仕事で色々関わりがあったりで、新製品はちょっと気になる。最近は RICOH さんは、Theta を出したりとか、超短焦点プロジェクタとか、ちょっと面白い製品を出してくる。さて、このプロジェクタは、レーザー光源という所がポイント。

最近は、プロジェクタの光源はどんどん LED に変わっていくものと思っていたが、単純な LED では無く、レーザーを光源とするプロジェクタが結構出てきている。このブログをレーザーで検索すると、プロジェクタが色々引っかかる。同じ半導体から光を出すものではあるが、レーザーを使うと普通の LED とは違ってメリットがあるのだろうか。より強い光を出せるとか? ちなみに、WXL4540 は 3200lm と、かなり明るい。同じレーザー光源でも、小生が最近購入した UO Smart Beam Laser LB-UH6CB は 100lm あるのかな、レベルなので桁違いである。

また、レーザー光源と言っても、WXL4540 はフォーカス調整が必要なタイプらしい。単なるランプとしてレーザーを使っている感じなのだろうか。スペックルノイズも気にならないのかも。WXL4540 は、単板 DLP 方式なのだが、RGB はどうしているのか。それぞれのレーザー発光素子を用意しているのか、白色+ホイールなのか(レーザーで白色ってあるのかな?)。もうちょっとスペック表に詳しく書いて欲しいな。

結局は、それほど個性的な機種じゃなかったっぽい。ただ 3200lm を実現するレーザー素子が入っているとすると、分解して取り出すとかなり危険なことに使えそうな。BD-R ドライブの青色レーザーでも結構ヤバいみたいだし… どうなんだろう。