読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

プロジェクタの画面を撮影しよう!

hard AVC

Youtube で、プロジェクタの機種名を検索すると、色々な人が実際に投射している状況を撮影したものを公開していたりする。最近のプロジェクタは、安物でも綺麗に映っている映像がアップロードされていて、プロジェクタへの物欲を煽っている。ということで、小生も折角購入したピコプロジェクター UO Smart Beam Laser LB-UH6CB の画面をいい感じに撮影して見ようと思った。

が、結構これが難しかった。というのも、このプロジェクタは時分割式で、カラー表示を実現しており、高速に RGB 画面が繰り返されている。これを撮影すると、カメラのシャッタータイミングによっては、横縞状の模様が写ってしまう場合がある。実際、手元のビデオ撮影できる装置諸々では、デジカメ系とスマホ系は全部ダメだった。横縞が写ってしまう。EX-ZR15、COOLPIX P610、HTL23、iPhone6 どれも。うまく設定すれば行けるのかもしれないが、ザクっといじった中でうまくいくものは無かった。ただ、縞の位置は、撮影開始から固定されている。ので、うまいタイミングで撮影開始したら、邪魔にならない(運が良ければ画面外?)位置に出るのかもしれないが、かなり運が必要そう。

さて、今回、唯一満足に撮影出来たのが、SONY のハンディカム HDR-CX590V。さすが、動画を撮影するための機材だ。というか、特殊なプロジェクタの投影像を撮影しようというのが、そもそも普通じゃないので… ただ、イメージセンサのスキャン速度も重要なのかな、とか。動画撮影でローリング歪がでるような、イメージセンサのスキャンが遅いカメラは縞が出やすそうな気がしたり。特に解像度がやけに高いセンサーを搭載していると、スキャンするのに時間がかかりそうだ。関係無いかな。シャッターが開いている時間がほぼ正確に 1/60 になるカメラじゃないといけない、ということか。普通の液晶プロジェクタだと、こんな苦労は無いのかな。DLP プロジェクタも引っかかるかも。

動画はMazwai さんのサイトのものを使っています。