読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Sony 4K 480fps で撮影できるイメージセンサー

Impress さんの記事。スポーツのテレビ中継などでスロー再生のシーンがあったりするが、4K になるとその辺りもとんでもないスペックが要求されるということのようだ。とは言え、4K で 480fps 撮影ができるセンサーとは、さすが Sony といった所。センサーでは、世界でも先を走っているメーカーの一つという感じ?

480fps で 14bit 深度とは、4K で HDR に対応するスペックということだろうか。この大容量のデータを保存するのも大変そうだ。センサー的には、センサーとメモリーを積層して、マイクロバンプで結合しているのが、この高性能の要因っぽい。実は昨年、同様の構造のセンサーで 10000fps を実現したセンサーをオリンパスが発表していた(Impress さんの記事)ようだが、実用性という点では、これからの 4K カメラにフィットした製品も重要ということか。

高解像度、高速カメラと言えば、RED がイメージされるが、それを上回る Sony のカメラということで(RED も Sony のセンサを採用するかもしれないが)期待もある。まぁ、短時間で低解像度なら万~億fps の研究用のカメラもあるようだが。一体どんな映像が撮影できるのだろう。

それはさておき、4K テレビをそろそろ買うべき時期が近づいている感がひしひしと。とは言え、コピー防止?機能の関係で、本放送が始まっても、現行の 4K テレビでは再生できないとかいう話が。もう少し情勢を見た方がいいのかなぁ。この辺りも調査してみなくては。