パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

PS4 NEO

Engadget さんの記事3DS もパワーアップ版が出たりしているので、コンシューマーゲーム機もこういう流れになって、PC ゲームに対抗していくのかもしれない。個人的には、スペックオタクなのでこういうのは大好きである。2倍の性能になれば、それはそれで新しいことができるんじゃないか、とか。2倍レベルではそこまでは無いかな。画質が上がるとかなんとか 4K 画面をドライブできるようになるとか。

以前も書いたが、ここは AMD な APU を積んでいる流れとして、HBM を搭載して欲しかった所。時期的にちょっと厳しいかもしれない。GPU パワーは2倍以上にはなりそうなのはいいのだが、4K はフル HD の4倍の画素数なので、4倍レベルまでパワーアップが望ましい。まぁ、余り値段が上がりすぎるようだと困るので仕方ないのかも。まぁ、VR 用に 3D ステレオ化とフレームレート向上を考えると、2倍程度あれば十分なんだと考えようっと。

ちゃんと互換性についても考慮されているようなので、一安心か。過去のゲームもパッチで、パワーアップするものもあるとか。まぁ、ちょっと良いことが並びすぎていてちょっと嘘くさい感も無きにしもあらず。最近は、そのハードウェア構成にバリバリにチューニングとかは、余りやらない、というかできなくなってきているのかも。チューニング自体も、システムや対応ソフトで自動でできる範囲しか、人間の知力が及ばないくらいシステムが複雑になっているのかもしれない。昔のように、実行時のクロック数が数えられる時代ではなく、キャッシュのヒット率とか統計的に最適化する時代なのかな、と。

そうなると、ハードウェアのスペックが変わった場合に対応する最適化も統計的に行ったり、自動でできる範囲なので、割と柔軟にいけるのかもしれない、とか勝手に想像したりして。

なんて色々考えていても、フタを開けると、SONY は何もしなくてがっかり、とかだったりして。まぁ、ここまで大っぴらになっているので、それは無いかなぁ。今年の秋頃がなかなか楽しみだ。お金貯めておかないと。