パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Lytro Cinema 発表

Engadget さんの記事。やっと、Lytro の Light Field カメラが役に立つものになった感のあるカメラの発表。ただしその物量の投入具合は尋常じゃなくて、全くの業務用。これが一般消費者に落ちてくるのは当分先そうではある。

7億5500万画素のセンサを搭載しているとのこと。今までで覚えている一番高画素だったのは、Canon 製の 2億画素のセンサだろうか。ざっと4倍近いレベルになっているとんでもないセンサである。ただし、大量の光を計測しても、実際に一枚の画像に落とす際には、画素数が 1/10 相当になるようなので、大したことはない…なんてことはなくてそれでも 7000万画素レベルだとしたら、高級1眼デジカメでも、2000万画素レベルなんでこれまた数倍といった感じか。

余りに画素数が多いと、それぞれの画素が小さくてダイナミックレンジや感度の点でデメリットになっていないか気にはなる所。センサの前に貼り付けるマイクロレンズアレイの精度も大変になってきそうだし、そもそものカメラのレンズも相当解像度を出せるものを使う必要がありそう。

動画も見てみたが、焦点をあわせる位置を撮影後に変えるリフォーカシングも非常に綺麗にできるようだ。フォーカスをずらした際のボケ方は、レンズの癖とか個性が出るものだが、それさえもこのカメラを使えば、好きに再現できるように思われる。グリーンバックが無くても背景合成ができるとか、確かに、これだけの情報を記録していれば、かなりの精度で色々出来そうである。

3Dステレオ撮影も、Lytro Cinema で撮影しておけば、通常の1カメラ撮影とステレオ撮影を区別して考えなくても、後から、自由に撮り分けたように映像ストリームを再構成できそう。まぁ、視差は、レンズの大きさの範囲内なのかもしれないが。映らないものは推定でしか再現出来ないし。

最大 300fps の記録もあるとか。40K 解像度での場合なのかは書いてないが。ただ、60fps としてもどれだけのデータ転送量になるか、ぱっと想像できない。秒間 100GB は軽く達しそう。1 時間で 400TB を超えるとか? 記録はどうするのだろう。2~3GB/s 書き込める SSD でも、30~50台の RAID0 を構成しないといけない。なんかちょっと非現実的に感じたりして。また、その撮影されたライトフィールドなデータを、変換処理して普通の画像にするのにどれだけの計算パワーがいるかと考えると… 実用的に使えるのだろうか。

NAB2016 でより詳細が出てくるらしいので、楽しみにしていようっと。