パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

自転車で動画撮影やってみた

世の中、アクションカムが流行っているが、指を加えてみているだけの小生は、かなり今更感があるが、デジカメを片手に少しだけ走ってみた。手持ちで… ほとんど車が通らない道とはいえ、そこそこ危険だったかな。撮影された映像はかなり酷いもので、なんだかなぁ、といった所。ハンドルにカメラを固定して撮影しているものがあるが、地面からの振動でブレブレボケボケにならないのは、カメラの手ぶれ補正の性能がいいからなのだろうか。自転車のサスもいいものを使っているのかもしれないが。

とりあえず手ブレバリバリの映像は、YouTube で処理してみた。数分の映像だが、4倍速にしてスタビライザーを掛けてみた。処理自体は、時間が結構かかる。再生時間の数倍は掛かる感じ。放っておいて、気がついたらできてる感じ。結果は、手ブレはかなり改善するが、画質はフル HD で撮影したとは思えないくらいぼやけたもの。手ブレ自体も、もう少し良くなって欲しい所だが、元が悪すぎるので仕方ないか。

曇り空の夕方だったので、シャッター速度が稼げてなかったのが一つの敗因だろう。もっとシャッター速度が上がっていれば、これほどボケることは無いはず。手ブレしていても。後、気を付けるべきなのは、水平を維持することだろうか。まぁ、カーブの際は、自転車は傾けるものなので仕方ないとはいえ、見る方は、ある程度水平が保たれている方が見やすい気がしたり。

ということで、何が言いたいかというと、最近安価なものが出てきて流行りだしている、デジカメやスマホ用のジンバル、アクティブスタビライザーが欲しいな、ということ。これがあれば、地面の凹凸による振動はともかく、手ブレのかなりの部分が吸収されるんじゃないかなぁ、とか。

まぁ、無料で倍速化や手ぶれ補正できる YouTube も凄いわけではあるが。フリーでも手ぶれ補正ソフトが色々ある。一度ためしてみるべきかな。