パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ホンダ 水素燃料電池自動車 CLARITY FUEL CELL 他発表

Engadget さんの記事燃料電池自動車ええなぁ、と思ってしまう発表である。要するに燃料電池自動車は、走る発電機、みたいなものということか。PHEV だと、充電しておけば、いつでも電源として使えるというのが、FCV だと、水素を入れておけば、電源になると。PHEV の電池容量よりも大量の電気を発生できる量の水素を貯蔵しておけるところがメリットか。安全性は気になるが。

水素ステーションが普及すれば、電気自動車よりもエネルギーの給入が短時間で済むので便利にはなる。3分間の充填時間で 500~800km 走る分が入れられるとか。ガソリン並? ただ、自宅で充電できる EV にはかなわないかもしれない。ワイヤレス給電が普及すれば…

後は、安全性は気になる所。水素ステーションでも、超高圧で圧縮した水素を充填するわけで、ちょっと気を抜くととんでもないことになりそうな気がして仕方ない。ただ、この辺りがクリアされたからこそ、トヨタやホンダで一般に発売されるようになったはず。

ガソリン車のイメージが強いからかも知れないが、ケーブルやホースで、燃料・電気を共有されるのが当たり前に考えている。一方で、交換式の提案も色々あるらしい。EV だと充電済みの電池に交換したり、FCV だと、ボンベを交換する感じだろうか。1台の車に複数個カートリッジ搭載可能で、その時の状況に合わせて、いくつかを交換する、というのが非常に実用的に感じるのだが。いざというときは、座席を埋めるほどカートリッジを載せて長距離ノンストップでドライブするのも出来そうだし。安全性もたかまりそうに思うが、素人考えだろうか。

自動運転と EV/FCV が今後どんどん普及の段階に入ってくるはず。とは言えもう少し先そうなので、ボロくなった現在愛用中の自動車は、近いうちに PHEV にでも買い換えたいなぁ。