パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

E-Mail の自動振り分けで失敗…

職場では、メールクライアントソフトとして JustSystemShuriken を使っている。特に思い入れは無いが、長らく使っていて慣れているのもあり、なかなか乗り換えられない。もっともスマートフォン(Gmail)や ThunderbirdAl-Mail でも同じメールを受信していたりするが…

それはさておき、昔からの繋がりで、仕事のメールと一部配信されるメールを一緒くたに同一メールアカウントで受信していて、色々うっとうしいので、受信時に自動振り分けするように設定している。メインの受信箱から配信メールをごっそり外すことができて、これはこれですっきりしていい感じである。

ところが、仕事のとあるプロジェクト関連のメールも、送信者等で自動振り分けにしたのがちょっと失敗だった。普通の余裕があるときは、そちらのメールボックスもしっかりチェックしていて問題無かったのだが、複数のプロジェクトに携わって、色々なメールが飛び交うようになると、そのメールボックスをチェックするのがおろそかになってしまった。

ふと気付いてチェックしたら、1週間前に届いたメールも開いていなかった。そのメールには、今日の日付の予定が書かれていて… 平謝りするしかなく。

実は、上記のスマホThunderbirdAl-Mail で受信している分は、自動振り分けしていないので、最悪、Shuriken で振り分け済みのメールボックスをチェックするのを忘れても、こちらで目にするだろう、とか思っていたが、実際には、Shuriken で一度読んだメールを目にすると、それ以前のメールはさくっと無視してしまっていたりして、結局、たまたま目にするのが1週間後だったり。

というわけで、自動振り分けの運用の仕方もちょっと考え直した方が良さそう。もう 20 年間近く E-Mail を使っていて、クリティカルだったのは今回だけなのでレアケースといえばそうなのだが、異常に忙しい時でも取りこぼしが無いようにすることを考えなければ。