パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

マグネット式 microUSB ケーブル

Impress さんの記事を見て、早速買ってしまった。記事にあるのと同じ HKW マーク入りのものを Amazon で購入。ただしシルバーモデル。2280円。100円ショップでも変える microUSB ケーブルだが、これは結構高い。それだけの値打ちがあるだろうか。

ケーブルは、編布で覆われていて、ちょっと高級感があるかも。ただ、これまで購入したリバーシブルの USB ケーブルも編布で覆われていたが、ケーブル自体はかなり硬くて、簡単には曲がらない系だった。自分の剛性で 30cm くらい垂直に立つレベル。それにたいしてこの HKW ケーブルはフニャフニャである。良く言えば、非常に取り回しし易い。ケーブル自体も結構長め。

とりあえず、スマートフォン au HTL23 を充電してみた。microUSB の先っぽだけのパーツを HTL23 に差し込んで、本体のケーブルの USB-A の方を、USB 電流計にさして、磁石でパシーンと接続。microUSB コネクタ付近の青い LED が充電中には点くのだが、接続時はちかちかと点滅した後、点灯状態に。ところが、電流値は 470mA そこそこ。これはちょっと悲しいかも… 100円ショップの充電用ケーブルだと、1700mA くらい流せるのだが。

しばらく放置していると、気がついたら 880mA くらいまで電流値が上がっていた。それでも充電用ケーブルからすると半分程度ではあるが、まぁ、実用範囲だろうか。確かに、マグネットで接続される部分は、非常に小さく細いピンが接触するだけなので、大電流流すと色々まずそうな気はしなくもない。

マグネットの強さは、個人的にはもう少し強くてもいいかな、と思うレベル。ケーブルも柔らかいので、充電しながら多少ゲームはできるし問題ないかな。表裏関係なくマグネットでカチッと接続できるのも結構便利。

PC との接続も、最初は安定せず切れたり繋がったりを数回繰り返すが、一度安定すると 20MB/s 以上の転送速度が出た(恐らく HTL23 側の限界)。

ただ、できるだけぐうたらしようと思うと、充電用、PC 接続用、持ち歩き用と3本はケーブルを持っておかないといけなさそうで(更に小生の場合、枕元充電用も)、かなりコストが掛かってしまう。リバーシブルの microUSB を挿すのに比べて格段に便利か?と言われると悩む所。はてさて。