パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

キーボードのメンテ

自宅で使っているキーボードの調子が最近悪くてイライラしていた。A のキーが硬くて左手小指に負担がかかるし、時には打ったつもりなのに、入力されていなかったり。最初は、左小指の力が異常に弱くなってしまったのかと思ってしまった。脳に障害が出てきたり神経系に問題が出たりしているのかと… ただ、職場で使っている普通の Microsoft のキーボードだと、A のキーに特に何の問題も感じないので、原因はやはりキーボードにあると。

ということで、新しく似たようなキーボードを購入した。全く同じものは売っていないっぽくて、なんとなく近い感じの配列のものを買ってきた。テンキーのないコンパクトタイプのキーボードなので、製品によってキー配列が違うため、選ぶのが結構大変。一部のキーは好みに近づいたが、一部は遠ざかったり。

そういうわけで、もう一度、以前使っていたキーボードの「A」キーを調べてみた。普通に真ん中を押すと、特に問題なく押せる。ところが、中心から離れたキーの端の方を押すと、かなり引っかかる感じだ。なるほどこれが原因か。他のキーはそのような感触はほとんどない。キートップ外しでキートップを外してとりあえずホコリやゴミ掃除してみた。キートップを戻すと、多少動きが良くなった。だが、時々引っ掛かり感はまだ残っている。

次に 5-56 を塗ってみることにした。もう一度キートップを外して、キートップの支柱の部分と、キーボード本体側の支柱が通る穴の壁面に塗ってみた。ただ、どちらもプラスチック。なんとなくあまり効果が無いような気がするが… キートップを戻してみると、更に引っ掛かり感は軽減された。しかしながら、やはりキートップの角っこの方を押した場合は、多少引っかかるようだ。かなり角の方だが。他のキーではそんなことは無いので、支柱の部分が摩擦で削れて引っかかりやすくなったのかもしれない。グリスっぽいものの方が効果がありそう。

とりあえず以前のキーボードでもほぼストレス無く打てるようになった。逆に新しく買ったキーボードはタッチが違って慣れていなくて打ちにくい。どちらを使っていくか悩む所…

f:id:umonist:20160204001730j:plain