パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

サンコー「帰ってきた ヤマタノオロチ」6種類の端子の充電ケーブル

ASCIIさんの記事。日頃から色々なケーブルとか変換アダプタを持ち歩いている小生には、ちょっと気になった製品。残念なのは、充電ケーブルという所。幾つかは信号も通せるとより活用範囲が広がるのだが。また、長さもそれぞれは短いのも欠点か。

ただ、Lightning x 2、microUSB x 2 だけでも結構使いでがあるように思う。Android スマホとモバイルルータ、iPhone を持ち歩くこともある小生には、まさにうってつけか。後は、デジカメとか Bluetooth ヘッドホンとかも充電できるといいのだが、そんなレアな端子はついてない。

個人的には、microUSB がたくさん付いていて(といっても4個くらいあれば十分か?)、microUSB-Lightning とか、変換アダプタの小さいのが付いている方がいいかな、と思ったり。実際、自分が持ち歩いている microUSB のケーブルには、先っぽに Lightning の変換アダプタを付けている。

ただ、時代は USB-C へ移行しつつあるので、そっちで統一されるのでもいいかも。microUSB や Lightning への変換アダプタが付いていれば。

ケーブルの質は問題無いだろうか。AC-USB アダプタで、au HTL23 や iPhone6 をいつも充電しているが、100円ショップの microUSB ケーブルだと、700mA 程度しかいかなかったり(以前は 1000mA ぎりぎりくらいまで行ったが、最近落ちてきた)。ISW13F に付属のケーブルを代わりに使ってみると、なんと 1500mA 以上いった。倍以上、といった所。充電時間も結構縮まりそう。ケーブルの良し悪しは重要である。