パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

SHARP 8K ディスプレイ LV-85001

ITmedia さんの記事SHARP から、HDR 対応の 8K ディスプレイが 10 月 30 日に発売されるそうな。意外に早く訪れる 8K の時代…なんだろうか。とはいえ価格は 1600万円。家が建つほどじゃないが、超高級自動車くらいの価格ではある。

パネル自体は 8K/120Hz に対応しているらしいが、入力信号は 8K の場合、60Hz までというのが、技術の限界を感じる所。インターフェースは 4K な HDMI を4本束ねるようだ。ちゃんと4本の HDMI を同期して出力できる機器も、一般に販売されるのだろうか。PC なら、4K 対応のビデオカード複数枚搭載すればなんとかなるだろうか。とは言え、ハイエンドのビデオカードは DisplayPort が複数+HDMI2.0 が一つ、的なものが多いので、Displaypot→HDMI2.0 なアダプタが潤沢に出てこないと、4枚のビデオカードを刺さないといけない可能性もあったり。

SHARP からは 8K 並の 4K テレビ、AQUOS XU30 ラインがあるが、確かに 4K とは1段上の映像を見せていた。それに対し、こちらは、本当の 8K で、HDR にも対応していてとんでもない映像を映しだしそうだ。ま、お値段もとんでもないわけだが。

2018 年には、放送も始まるということで、チューナもその頃には用意されるということか。大昔、IBM から 4K(W-QUXGA) なモニタが発売された際も、ちょっと手の届かないお値段だった気がするが、これは、物理的大きさも含めて一般人には無縁な印象。ある期間が経って、1/100 レベルの値段で出まわったりするが、この 8K モニタはさすがにそういう道は進まないか。

もう一つ、55 型の 8K ディスプレイも発売されるらしい。Impress さんの記事。こちらは 55 インチで小さい分?価格も下がって 1000万円だそうな。16 本の DVI で接続するとか、かなりの力技。コネクタは 16 個並んでいるのだろうか。それだけで壮観な感じがする… アストロデザインさんは結構プロの映像機器関係では有名な会社っぽい。

本当に 8K は普及するのかなぁ。