パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Canon 250Mピクセルの CMOS センサ

Impress さんの記事。イメージセンサなら Sony、みたいなイメージが昨今なきにしもあらずだが、キヤノンさんも全くアグレッシブに開発を進めているようだ。

最近のスマートフォンでも、2000万画素(20Mピクセル)とか言い始めているが、その一つ上の画素数は圧倒的だ。といいつつ、画素密度を考えてみると、XperiaZ5 は 2300万画素で 1/2.3 インチ。こちらは、APS-H サイズなので、約1.33インチ。面積的には 9.34 倍くらいか。Z5 と同じ画素密度で APS-H だと、2.15 億ピクセル。

ということで、最新のスマホのセンサの面積を 10 倍近く大きくしつつ、更に画素密度も 14% くらい高まっているセンサという感じ? やっぱり結構凄いのかもしれない。ここまで画素数が増えると、撮影データの読み出しもかなり大変な感じ。秒5コマはかなり頑張っている感がある。画素数が 4K の 30 倍なので、4K換算 150コマ/秒ということか。Sony のセンサにメモリを組み込む方法を使えば、さらに増やせたりするのかなぁ。まぁ、その後の処理部分も更に大変になるわけだが。

18km 先の飛行機の識別番号が読み取れる位の解像度、ということらしいが、今一つピンと来ない表現だなぁ。何キロ先の人間のほくろが見える、とか…もやっぱりわからんな。ただ、このセンサの解像度を活かす光学系もかなりのものが必要になりそう。

それはともかく、こういう進歩はなかなかわくわくさせられる。開発の方々に敬意を表しつつ。