パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

AMD Radeon R9 Nano

Impress さんの記事。なかなか、AMD さんも面白いところを突いてくる製品を出す。VRAM に HBM を使うことで、基板上の実装面積を格段に減らせることを利用して、ハイエンドの GPU を小さいビデオカードに仕上げてきた。ただ、冷却機構は、HBM でメモリの消費電力が減ったとはいえ、熱々の GPU を冷やすために結構なものが必要なようだ。

Mini-ITXフォームファクタに搭載可能なのが、今回のビデオカードの大きさの基準らしい。カードというより、かたまり、という印象を受けてしまう。大きいファンが一つ真ん中にでんと構えているのが、特徴的か。さすがにロープロファイルのカードは無理なんだろうな。スリム PC 好きの小生としては、細長くてもハーフハイトな方が嬉しかったりして。まぁ、スリム PC には、余り強力な電源ユニットを載せられないし、実際現実的なのかわからないが。

なんか、GPU のチップとして選別品を使っているという噂もある。フルサイズのカードの R9 Fury X からそんなに性能を落とさず、275W→175W に TDP を落としているのは、負荷による消費電力の調整だけでは無理なんじゃないだろうか、という気はする。とは言え、それほどお値段も高くないとか(米国では Fury X と同じ $649)。

なんか、新技術 HBM を活用した製品ということで、将来性を感じる。2 GPU を搭載したビデオカードも作りやすくなりそうだし。今後が色々楽しみだ。