パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

東京エレクトロンデバイス 1000fps のプロジェクタ 来年発売

Engagdet さんの記事。これはなかなか興味深い新しいデバイスだ。カメラの方はどんどん fps を上げたものが出てきているが、それを表示するディスプレイデバイスはかなり fps の点で引き離されている。高速度カメラと、このデバイスを組み合わせた HMD とか作って、AR や MR なシステムを構築したらえらいことになりそうだ。

実際に、物体に貼り付いたようにプロジェクションマッピングする場合には、ある程度動きを予測できる(たいていのものには慣性が働くので)から、物体の動きと投影像のズレは、そこそこ低減できるはず? 更に、この高 fps プロジェクタと組み合わせたら、ほぼ完璧に貼り付いたマッピングができるかも。ただ、物体の動きを測定・予測する部分が、高 fps に付いていけるのか、という問題はある。

後、スクリーンを奥行方向に高速に動かしつつ、このプロジェクタで投影すれば、立体ディスプレイ的なものが比較的容易に実現できるように思う。と言っても、30 fps の動画だと、30 段階余りしか、奥行き方向の解像度が取れないわけだが。あと一桁 fps の高いプロジェクタが欲しいかも。まぁ、複数台を、正確に制御できれば、fps を台数倍できるはず。まずは 256x256x256 あたりの 3D 表示から見てみたい。

他にも色々使えそうで、楽しみだ。