読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

VOCALOID SACHIKO

soft

製品のページ。これまでの VOCALOID は、小生にとっては知らない人の声で、VOCALOID で初めて耳にしたり、耳に染み付いたり、という感じだが、この SACHIKO は、良く耳にしていた声の VOCALOID という点で興味深い。

本物を知っている、ということで、違和感があると思ったが、デモ曲「星に抱かれて」を聴いてみると、予想以上に違和感が無かった。確かに、所々、VOCALOID らしい、人間ならこんな歌い方にはならないだろう、という箇所はあるのだが、全体的には、本人が歌っている感が結構強い。まぁ、このデモ曲はバックの演奏の音量が大きくて、ボーカルの声が多少埋もれてしまっているせいもありそうだが(小生の再生環境が悪いのもあり?)。

後、わざとだろうか、ものまねチックに、小林幸子の歌い方の特徴的なところを強調した歌い方になっているようにも感じた。その辺りを含めても、合成音声とは思えないレベルに到達しているんだな、という印象を受けた。

ただ、VOCALOID でいくら頑張っても、人間が歌っているのと区別がつかないレベルのものはまだ無いような気がする(小生、ボカロ曲を多く聴いているわけでは無いので、あるのかもしれないが)。逆に、人間が VOCALOID のモノマネはどこまで出来るのだろうか。どう聴いても VOCALOID の声なのだが、実際は人間が歌っているような。以前なんかのアニメのエンディング辺りでそんな曲があったような。

ほんとに歌手の需要が大きく減るような時代が来るのかもしれないなぁ。