パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

OCZ SSD Agility 64GB ファームウェア update

先日調子が悪くなって、取り外した SSD OGZ Agility 64GB だが、調べてみると結構ファームウェアが更新されているようだ。調子が良くなる可能性があるならファームウエアのアップデートはやってみるべきだろうか。

当初のファームウェアのバージョンは、1.3。CrystalDiskInfo で見てみると、状態は正常(94%)というところらしい。結構エラーとか出ているような気がするが、数値の読み方が良くわからなかったり。OCZ のサイトに行ってみると、1.7 にアップデートできそうだ。ダウンロードのページで、製品は others を選んで、SSD Management Tool というのをダウンロードする。iso ファイルが入っているので、これを CD-R に焼いて、ブータブル CD を作るらしいが、時代はもう CD-R じゃないので、USB メモリからブートできるように、Rufus というソフトもダウンロードしてきて、ぶーたブル USB メモリを作成した。

ACHI でなく IDE で接続されないといけないようなので、ちょっと古めの PC に接続してみた(Athlon64X2 な)。ただ、最初なんかうまく BIOS に認識されなくて、SATA ケーブルを取り替えたら認識してくれた。ケーブルの良し悪しに敏感なのかもしれない。

USB メモリから SSD Management Tool?をブートして、メニューから選んでいくとファームウェアが 1.3 から 1.7 にアップデートできた。ただ、メニューを選ぶ度に(というか選ぶ前に)10秒以上の待ち時間があったり。焦って Enter を押してしまうと色々問題が起こりそうな。とりあえず全て待つ、という感じだった。

で、アップデート後、CrystalDiskInfo を実行してみると、健康状態が「正常(37%)」に激減してしまった。良かったのか悪かったのか。まぁ、寿命のある間は雑用に使うことにしよう。