パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Youtube Android アプリで縦長動画対応

Gizmodo さんの記事。やっとか、とももうそんな時代か、とも思える縦長画面の動画、いよいよ本格化するようだ。Instagram のように正方形という画角もあるが、C Channel なんかも縦長画面を採用している。

縦長動画の前は縦長写真があったわけだが、これはスマートフォン、というよりガラケー世代からの流れだろうか。携帯電話は、送受話器だったので、耳と口に当てるのに縦持ちが当然。それにカメラが付いて、縦長写真を撮るようになったような。本体は縦長でも、写真はその状態で横長に撮影出来ても問題ない気もするが。まぁ、静止画の写真は、フィルムカメラの時から、縦長も普通に撮影されていたので、違和感のある話ではない。

昔は、動画を再生できるものがテレビや PC のモニタしかなかった。当然それらは横長画面。無駄な黒枠を表示させないなら横長動画にするしかない。時代は進んで、スマートフォンは動画を再生できるのが当たり前になった。縦長動画を縦長画面一杯に再生するのになんの違和感もない。

特に、人間を撮影する場合、全身でも顔のアップでも縦長が収まりがいいので、需要は横長よりもあるかもしれないくらいだ。ただ、人間の視界は、両目が横に並んでいることや、目がまぶたにより水平に開くことから、横長であるらしい(映画の横長スクリーンや、ハイビジョンの 16:9 はその辺から決められている?)。

結局、フィルムカメラの紙に印刷して見る時代と同じく、縦でも横長でも変にこだわらずに扱えるのが一番だろうか。人間も二人以上並べば横長がいいのかもしれないし。

とどうでもいいことを書きなぐったりして。