パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

VPN 接続がうまくいかない時の対処法

某ホテルでイーサケーブルが各部屋に設置されていて、それを使ってインターネットに接続できる。それで職場に VPN 接続したら、職場の社内サーバーへの PING も飛ばない状況。調べてみると、そのケーブルに接続すると DHCP で IP アドレスが割り当てられるのだが、職場の LAN とサブネットのアドレスが重なっていた。VPN 側にパケットを飛ばそうと思っても、ホテルの LAN へ行ってしまう状況。

そういう時は、管理者権限で起動したコマンドプロンプト上で、route コマンドを使って、パケットのルーティングをするのが対処法。route print で、ネット接続が色々出てくるが、インターフェース一覧から VPN のインターフェース番号(一番左の番号)を調べる。今回は 40 とか 41 だった。

職場内の通信したい相手 PC が 1 台なら、その PC の IP アドレスを 192.168.0.AAA、VPN で割り当てられた手元の PC の IP アドレスを 192.168.0.BBB とすると、route add 192.168.0.AAA mask 255.255.255.255 192.168.0.BBB metric 1 if 40 を実行して OK と言われたら通信できるようになる。

と書いていてふと検索してみると、9 年前に同じ内容の記事を書いていた。しかもより丁寧に。ネタがダブってしまったが、まぁいいか。この頃は WindowsXP だったが、今は Windows8.1。この辺はそれほど進化していないんだなぁ。