パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

フルカスタマイズ可能なキーボード

Gizmodo さんの記事。これまで、こういうキートップが画面になっていて、自由に書き換えられるキーボードは色々出てきていた気がするが、まだまだ話題になるんだな、と。2007 年の「Optimus Maximus」は結構話題になったかなぁ。

ちょっと上記の記事ではスペックが良くわからなくて残念。Optimus Maximus の方が断然魅力的なのだが、今の技術なら低価格で Optimus Maximus レベルのキーボードを出せる、というわけではないんだろうか。

この Sonder のキーボードの表示は、電子ペーパーらしい。消費電力を抑えられて良さそうではある。写真を見る限り(CG かもしれないが)、かなり解像度も高そうだ。ただ、Shift やスペースキーなど、周辺のキーがカスタマイズできないのは残念。せっかくなら全てのキーを好きにいじらせて欲しいものだ。

上の記事のショートカットキーを覚えなくても良くなる、という話はどうなんだろう。結局どのキーにどの機能を割り当てたかは覚える必要がある。もちろん、キーボードをジロジロ見ながら押すのも有りではあるが、それなら、フルキーボードに、テンキー的な別のキーボードを追加したほうが良さそう。

個人的には、普通の液晶画面のソフトウェアキーボードに、何か触覚的なフィードバックを持ったキーボードがいいかな、と思う。昔は、微小な電気刺激を与えるキーボードがいいのでは、と考えていたが、どのメーカーも商品化してくれないな。今は、Apple の感圧と Haptic タッチパッド辺りがメジャーになりつつあるのだろうか。

これだけ技術が進歩しても、変わらない入力装置、キーボード。そろそろ変わってもいいんじゃないかなぁ。