パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

業務用 Panasonic レーザー光源 4K+ プロジェクタ PT-RQ13KU

業務用なんでほとんど関係は無いのだが、職場で Panasonic の業務用プロジェクタを使った事があるので、少しだけ気になった。Panasonic の業務用プロジェクタは(まぁ、業務用になると他社のもそう変わらないのも多いが)シンプルに直方体の筐体で、1面の真ん中にレンズが付いているデザインだ。今回の PT-RQ13KU もそんな感じ。

とかいう話はどうでも良くて、光源がレーザーな所が興味をひかれるポイントか。以前から Panasonic はレーザー光源のプロジェクタを出していたが、2013年9月時は 3500 ルーメンだった。今回は、10000ルーメンだそうで、かなりのパワーアップ。というか、もしかしたら、以前は DLP 1 チップだったのを、光源とチップ合わせて RGB 3 系統揃えて、合わせて 10000 ルーメンってことなら、単なる物量作戦かも。

しかも、画素シフトによる 4K 超え(5K とは言わずに 4K+ と表記しているなぁ)とか。ちょっと残念、とはいいつつ、5120x3200 ピクセルということは、画素シフト前は 2560x1600 という解像度なんだろうか。こんな高解像度な DLP チップもあるんだ。これなら、実質 4K レベルの解像度は出せるのかもしれない。まぁ、それでも 水平に 1920 本並んだ白黒の縞々は、きちんと表示できないわけだが。

ということで、物量をつぎ込んだすげえ高そうなプロジェクターだ。仕事でも使うことはまず無さそうだが、この技術が民生用にも降りてくることを夢見たい。