パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

レーダーで指のジェスチャー 認識

ちょっと凄い動画があった。にわかには信じがたいが、恐ろしく低レイテンシで、精度の高い指の動きをキャプチャできるデバイスと、それを認識してコマンド解釈するシステムのようだ。

leap motion も手や指を認識して PC へ情報を送り込めるデバイスであるが、これは、それよりも対象は狭くなるが、精度がより高い感じだ。親指と人差指の先をこすり合わせる動きさえも正確に捉えることができるらしい。

動画に出てくるジャスチャーはなるほど素晴らしいが、指先だけだとできる動作は少なそうだし、それを使いやすいように必要なコマンドにマッピングするのは難しそう。同じこすり合わせる動作でも、状況によって解釈を変えないといけないだろうし。逆に、現在その動作は何として解釈されているかを、即座にユーザに提示できないとつかいにくいようにも思える。ユーザが操作する際に、この場面では、このジェスチャーがこう解釈される、というのを如何に提示するか。画面上に表示しかないのか。いつからジェスチャーが始まったかを見切るのも結構難しそう。この領域で、親指と人差指の先端を接触させたら、摘んだことにする、みたいな感じか。

後、仮想的な竜頭やボリュームのつまみとかだと、指先のフィードバックが無くて適切な量を素早く指示する、というのがどれくらいできるかも不安点ではある。その点、人差し指の側面をバーに見立てて親指でこする操作は、なかなか応用が効きそうな操作に思える。

いずれにせよ、本当にこの動画の通りに操作ができるデバイスなら、かなり画期的だ。製品が出てくるのが非常に楽しみ。