パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Youtube 8K 対応

ITmedia さんの記事YouTube が 8K の映像に対応したそうな。ちょっと前のめり感は強いが、時代はその方向に流れている、ということか。8K は、フル HD の 4x4=16 倍のピクセル数、VGA 比だと 100 倍近い。とんでも無いピクセル数である。まぁ、YouTube のような配信サーバが、一番対応しやすいのかもしれない。圧縮がかかっていれば、データ転送速度はそこまでとんでも無くする事も可能だし(フル HD の数倍程度に抑えても高解像度すぎてばれにくいかも)。実際、上記記事の 8K 映像は 318MB で 128 秒なんで、20Mbps 程度。思ったより圧縮されている。

もちろん YouTube の中では、リサイズして、4K や 1440p、720p のストリームも生成しているので、計算パワーは結構必要。ただし、この辺りはリアルタイムである必要も無いので、クラウドでゆっくり?処理してもいい。手ぶれ補正とか編集機能は 8K でも使えるのだろうか… これらは結構厳しそう。

記事にもあるが、少なくとも民生用には、カメラも無いし表示するモニタも無く。展示会には出てはいるが。4K モニタかプロジェクタを4台用意して、擬似的に1画面にすれば、見られるかな? カメラは無くても CG なら、8K フルフルな映像を作れるかも。少なくとも 4K カメラの映像を4枚並べるものありだし。

そういや、最近、店頭で LG の OLED 4K 曲面テレビがデモられているのを観て、ちょっと感動してしまった。有機 EL だと、本当に黒い所が黒かった。表示部分と画面外の縁の部分の差がほとんど無い感じ。色もきらめき感もいい感じ。ただ、表面はテカテカで、曲面なので映り込みが気になった。本体は、暗い場所に置いてあったが、映り込むのは、観ている人の後ろの風景なんでそこそこ明るかったり。黒カーテンでも吊るしてあれば、本当にその世界に行ってしまうかも。大げさか。劣化や焼きつきは気になるが、小生がお金持ちだったら絶対買っているに違いない…

でも、8K が目の前に来ているなら、もう少し待つか。そういや SHARP の擬似 8K なテレビは予約中でまだ実物は見られなかった。残念。