パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

WWDC

直前まで起きていたのだが、寝てしまって内容を知ったのは今朝だっが今年の WWDC。個人的には余りインパクトの有るニュースは無かった。一番興味を持ったのは、Swift だろうか。iOS 8iOS を日常的に使っていない小生には、進化の度合いが分からないが、Android ライクなインテント(セキュリティ面は大丈夫かな)や IMEAPI が開放されたのは、結構な進化に感じる。iOS も使いたくなってきたかも。

Swift については、まだ仕様を全然把握していないが、スクリプト言語に近い感じなんだろうか。ソースコードを見ると、部分部分はどこか他の言語での既視感がある。ただ、論理行末のセミコロンが無いのが違和感があったり。VB 使ってればそうでもないか。

アンチ Apple な小生としては、また囲い込みのために新しい言語を作って、とか、すでに Swift という別の言語があるのに、同じ名前にして何様?とか思わなくもないが、C# のように、それなりに書きやすくて、安全性が高くてパフォーマンスも出るなら、一般に広まってもいいかな、とか。

LLVM を使っているそうなので、パフォーマンス的な所はある程度が確保されていそうな感じ。ガベージコレクションも入っているのかな?(Memory is managed automatically とか書いてあるし)

まぁ、言語というより API がどれくらい開発しやすく整備されているかの方が重要なのかもしれない。言語なんて、微妙な文法の違いとか、細かい機能があったりなかったりで、別の書き方で同じことができたりするしで本質ではないのかも。LLVM も使っているし、他言語からも使えるように API のラッパーとかできたら、どうなのかな。ストアで拒否されるだけかもしれないが。

小生このあたりはよくわからないので、識者の評価を待つことにしよう。