パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

なまず IME

現在の IME の状態を表示するソフトとして、これまで、TNK ソフトウェアさんの IME ステータスを使わせてもらっていたが、やはり、キャレット(文字入力場所のカーソル)のそばに、IME 状況が出るものが使いたいと思っていくつかテストしたなかで、一番良さそうなのが なまず IME だった。かなり古い(2005 年!)ソフトだが、結構使える。以前試した際は、ステータス表示の位置がおかしかったので、使えないと判断したのだが、実は、画面の解像度を「すべての項目のサイズを変更する」の真ん中にしていたせいらしい。disp_ime_status.exe のプロパティの互換性で「高 DPI 設定では画面のスケーリングを無効にする」を ON にすればずれが無くなった。

常に、IME の状態が確認できるようになると、やはり、無変換キーで IME OFF、変換キーで IME ON、というのが無駄に感じてきた。結構練習したのだが、未だに慣れないのだ。もう若くはないので、なかなか身につかない。特に、IME ON の状態から、半角スペース 半角スラッシュ 半角スペース をいれて IME ON に戻す場合の一連のキー操作を、指が完全に覚えてしまっていて、それが使えないとなるとストレスを感じてしまった。同様に色々指が覚えているシークェンスがあることがわかった。

ということで、結局、変換キーに漢字(半角/全角)キーを割り当てる、いつものキー変更の環境に戻してしまった。IME の状態がキャレットのそばに表示されているので、何度も IME の切り替えに失敗することもないし。

ただ、なまず IME も、うまく動かないソフトがあるらしい。MS WORD とか。小生の作業のなかでは、90 % まではうまく表示されているので、全く困っていない。この文章を入力している Opera でも十分使える。

ほんまたけるのココログ さんに書いてあるIME OFF 時にも表示する改造も使っている。これは必須かな。

作者さまに感謝感謝。