パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

SONY α7s ISO409600

Gizmodo さんの記事。もうここまで来ると人間の肉眼は軽く凌駕するのだろうか。薄暗いシーンが真昼のように撮影できたりして。

を見ると、なんかかなりすごそうなのだが、ちょっと思っていたのとは違う感じ。長時間露光とかするとグローバルイルミネーションな CG っぽい写真が撮れたりするが、この動画のものは、ISO を上げていくと普通に朝が来た、みたいに明るくなっている。もっと焚き火の光だけで照らされている感が出そうなものだが。S-Log2 ガンマの影響もあるのだろうか。そういう意味では、上記記事の中で紹介されている動画の方がそれっぽい。上の動画は、レンズ絞りシャッタースピードはわざと暗く写るようにして、センサーの感度だけで明るくしていく、という動画なんだろうか。

手の届く 4K 60fps を出せるカメラ、でもある。まぁ、4K 60p を記録する装置が必要なので、それと合わせると、やっぱり手の届く範囲ではないかも。4K の動画が撮りたいだけなら FDR-AX1 の方が良さそう。どちらにしても有効画素数は 800万画素レベルで、恐らく RGB 各画素足して 800万画素なので、真の 4K というには少々厳しい気はする。まぁ、フル HD なカメラも最初はそうだった。

しかし、この超高感度と 4K。物欲を刺激されるカメラだ。ただ、とんでもなく高そう。FDR-AX1 よりも高いかも。