パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

Amazon コンビニ受け取りで失敗

急ぎの荷物はコンビニで受け取らない方がいい、という教訓を今日は得た。
まず注文段階ですでに間違いをいくつか犯した。出先で荷物が受け取れたらいいな、というのと、一度コンビニ受け取りをやってみたくて、今回 Amazon で購入した際、コンビニ受取りを指定してみた。二日間出先なので、お急ぎ便で初日に届くといいな、とまず一つ間違い。コンビニ受け取りでは、お急ぎ便は使えない。お急ぎ便でなくても、その次の日の夕方までには届くだろう、という普段の配送からの類推が次の間違い。これは、事後にわかったことだが。

普通お急ぎ便だと、注文した夜に発送されたりするが、今回はお急ぎ便ではないので、発送されたのは次の日の夜だった。その時点で、そこはかとない不安がよぎったが、まぁ、出先の二日目で受け取ればいい、と楽観視していた。

そして二日目。待てど暮らせど、コンビニへの到着メールが届かず。用事が終わって、さあ帰ろうという段階でもまだメールなし。ひとまずすることも無いのでコンビニへいって、荷物の到着時間等訊いてみようと向かった。コンビニについて、まず端末で問い合わせ番号と認証キーを入れてみるも、エラーではねられる。まだ荷物は届いていないようだ。

そこで店の人に訊いてみると、荷物は実際届いていなくて、30 分後くらいにいつも配達(郵便屋さん)がくるそうな。それできそうな感じ。これくらいなら待とう、と、コーヒーを買って、店の前で携帯を見つめながら飲んでいた。すると、すぐに郵便屋さんが到着。それらしい箱を小脇に抱えている。これは運がいいぞ、とか考えたのは、全く先が見えていなかったとしか言いようが無い。

郵便屋さんが帰った後、お店の人に訊いてみると、まさに小生の荷物であった。が、端末で手続きしないと渡せない、とのこと。しかし、まだ荷物到着の情報が届いていないらしく、端末では相変わらずエラーだ。お店の人が、いつもより30分来るのが早かったから、その時間まで待ってみては、と。仕方ないので、トイレを借りたり、立ち読みしたり時間を潰したが、Amazon からの荷物到着のメールは来ず。

しびれを切らして、Amazon のカスタマーセンターに電話してみた。というか Web ページで申し込むと、向こうからかけてきてくれる。しかし、発信者番号がかなり謎な番号.. 国際電話だからか? 最初固定パターンの音声(録音しますとかなんとか)があった後、すぐに担当の方が出て事情を話した。そこでの結論は、該当の部署に連絡してくれるとのこと。ただし、20 分かかると。すぐにでも到着通知のメールが来るだろう、とか言われてまた、店内で待たせてもらう。

もう一度 Amazon カスタマーセンターの担当の方から電話があり、この時刻になれば対応できる、と 20分後程度の時刻を告げられた。正確な言い回しは記憶していないが、そんな内容だった。そこでまた店内で待たせてもらう。が、やっぱりメールは来ない。

もう待てん、ともう一度電話。今度は別の方が対応してくれたが、そこで衝撃的なお言葉を頂いた。先ほどの時刻は、この時刻になれば対応できる、ではなく、その時刻以降に対応できる、という事だったと。しかも1時間とかかかるかも、とか。さっきの担当の方の、すぐにでもメールが届く、とか言っていたのとは余りに温度差が... 夕方までに届く保証もしていません、と言われて、そりゃそうだ、とは思ったが、すでに目の前に荷物があって、郵便屋さんも軽く1時間以上前に帰ってしまった状態で、荷物が受け取れないなんて、ひどすぎると思ってしまったり。

とは言え、どうすることもできないので、また待ちに待つ。ISW13F もしょっちゅうメールチェックするのでバッテリが切れそうになり、モバイルバッテリーに接続した。最初明るかった外の景色ももう夜のレベルに暗くなってしまった。メールのチェックとは別に、アカウントサービスの配送状況もしょっちゅう確認。

その後、配送状況が到着に変わったのを発見! 端末で操作してみると、やっと伝票を印刷することができた! これで荷物が受け取れる。とレジで手続き、長かった戦いもやっと終止符が。かれこれ、コンビニ到着から2時間以上滞在していたことになる。まぁ、色んな雑誌が読めたり、コンビニの全ての棚の商品を眺めたり、得たものも多かった...訳はない。

ちなみに、到着メールが届いたのは、その後更に1時間30分経ってから。Web ページの説明では、メールが届かないと荷物は受け取れない、とか書いてあるが、メールが来る前でも受け取れてよかった。後 1 時間半もいたら、コンビニに 3 時間 30 分もいることになってしまうところだった。

後、カスタマーセンターの通話音声品質が悪くてイライラさせられた。最初の担当の方の声はよく聞こえるのだが、こちらの声にエコーがついて聞こえてきて非常に話しづらい。そういやイグノーベル賞受賞のそんな発明があったような。わざとか? 担当の方に訊いてみたが、こちらはそんなことは無いと。怪しい。

二人目の担当の方は、小生の音声認識能力が低いのか、はっきり聞こえているのに、先方が話している内容が途切れ途切れしか理解できない。英会話を聞いて、知っているフレーズ以外が聞き取れないのと同じ状況が日本語に起こっている感じ。これも何らかの音声処理でそういう風にしているのでは、とか考えたり。自分の声のエコーもあり...もちろん、この辺りは故意ではないと信じたいが。

根本は、小生の勘違いが原因だが、カスタマーセンターの思わせぶりな対応も問題があるように思える。時間がかかるのがわかっていれば、向かいの喫茶店でノマドワーカーしたのに。もう少し改善を期待したい所だ。ちなみに、郵便屋さんは、配達を終えて配達店に戻ってから、配達のデータ処理をするのかもしれない。そうであれば、今回の状況のうち、一部は理解できる。一度配達員の方に訊いてみるのもいいかも。

2時間立ちっぱなしは疲れた。