パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

SoftBank SELECTION ワイヤレスHDMI WH01 SB-BX01-WLHD/BK

小生、どうも HDMI を無線化するものが好き過ぎるらしい。以前、職場で購入した WHDI 送受信機 LDE-WHDI202TR をレポートしたが、自宅でも使いたいとか考えつつも余りの価格の高さに諦めていた。同じように HDMI を無線化できる装置がかなり安くで売られているのを知って興味を持ったので、ひとまず買ってみた。Amazon では LDE-WHDI202TR の 4割位の値段だ。これならなんとか手が届く、かな。

こちらは WHDI 規格ではなく、WirelessHD(WiHD) 規格で、60GHz 帯の電波を使うらしい。直進性が強いので、送受信機を正対させないと送受信ができないとのこと。ただ、こちらの方がビットレートが高くて、1080p60 とか 3D な HDMI もいけるとか。

という所で、実際に使ってみた。HDR-CX590V と REGZA 42Z3500 の間を、この装置で繋ぐ。更に、ちょっと過酷なテスト。送信機側は、電源をモバイルバッテリー 多摩電子工業 リチウム DE チャージ16000 TL160K に、手元の変換ケーブルやアダプタを駆使して供給。また、受信機から Z3500 までは、10m の HDMI ケーブルを使ってみた。

結果はバッチリである。WHDI 装置よりも送受信機の認識にかかるる時間が短い。数秒といった所。繋がってしまえば、普通の HDMI ケーブルで繋いでいるのと違いがわからない。ディレイも殆ど感じないレベル。自宅が狭いので、 6m 程度しか送受信機が離せなかったのでもっと距離が離れるとわからないが、ある程度送受信機を向かい合わせれば(完全に正対していなくても)問題なく映った。流石に、送信機を反対方向に向けると受信できなかった。間を人が通っても全く影響はわからなかった。レビューを見ていると、人が通るだけで画像が乱れる場合もあるようだが。

10m の HDMI ケーブルでも無事に映っていたので、受信機からの HDMI 出力はそこそこ能力は高いのだろう。まぁ、ケーブル無しでそこそこの距離を稼ぐためのワイヤレス HDMI で、更に 10m 伸ばしたいという需要はそうないだろうが。

この値段でこの性能のものが手に入るというのは素晴らしい。同じ部屋の中の HDMI 機器の間(10m以内)を繋ぎたいという要望を満たすにはぴったりな気がする。モバイルなカメラからの送信は、一応使えることは確認したが、ある程度送信機の向きに気を使わないといけないという点で、条件が厳しいか。WHDI との使い分けは、その他対応ビットレート等差異はある。

しかし、昔は、高解像度の映像を自分で無線伝送するなんてことは考えられなかった。普通の NTSC でさえ。音声を FM トランスミッタで飛ばすくらいが関の山。それがフル HD をデジタルで飛ばせるなんて隔世の感がある。

参考価格からするとえらく安い。これは予備にもう1セットくらい買っておいた方がいいんじゃないだろうか...

SoftBank SELECTION  ワイヤレスHDMI WH01 SB-BX01-WLHD/BK
SoftBank SELECTION (2011-11-26)
売り上げランキング: 920