パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

起動しなくなった Vista PC がなんとか復活

今日は、とある業務に使われていた Windows Vista な PC をなんとか復旧できた。半分(以上かな)運だったが。

たまたま立ち寄った所で、PC が起動しなくなったと相談を受けた。その PC は Fujitsu 製のかなり古い(5年程前?)デスクトップ PC で、まずは状況を確認してみた。Windows を起動しようとすると起動途中で再起動してしまう。その後、Fujitsu 製の復旧関係のツールが起動しようとするが、環境がおかしい、とかエラーがでて、OK するとまたも再起動。

セーフモードで起動してみたが、やはり起動途中で再起動。リカバリーディスクがあったので、そこからブートしてみると、最初はディスクから立ち上がるそぶりを見せるのだが、最終的には、おそらく上記の Fujitsu ツールを起動しようとして、環境うんたら、のエラーで止まる。

BIOS で、起動ドライブを選ぶ際に(F12 キー押し)、検証ツール、というのがあるのでやってみたら、一応ハードウェアの問題は無い、との結果。より詳しいチェックをする、言われたがとりあえずキャンセル。

いつも Samsung Series7 Slate を持ち歩いているので、何か使えそうなツールが無いか、中身をチェック。Acronis True Image をインストールしているので、それでブータブル USB メモリを作って、起動してみた。ひとまず、HDD のパーティションについては、問題はなさそうだった。ただ、このツールでは、バックアップやリストア系以外の作業はできない。

もう少し S7S の中を見てみると、本当に偶然と言っていいかもしれないが、Windows AIK の iso と EASEUS ToDo Backup のインストーラがあった。Smile Banana さんの記事を参考に、WindowsPE なブータブル USB メモリを作成した。これを使うと、もう少し HDD の状況が確認できる。

結論としては、EASEUS ToDo Backup の Check Partition で、各パーティションのエラーチェックと修正(ただの ChkDsk?)を行ったら、普通に Windows Vista が起動するようになった。たしかに、二つほど Chkdsk 中にエラーがレポートされていた。orphan がなんとか。結局、この PC は、何とか chkdsk をかけられれば復旧するような状況だったようだ。しかし、なぜディスクエラーが出たのかその原因は不明のままだ。もうそろそろこの PC は交換すべき頃なのかもしれない。

しかし、全く不調 PC の復旧作業をするとは思っていなかったので、なんの準備もしていなかった。更に出先であり、手元に無ければ、WindowsAIK をダウンロードしよう、などとは考えなかったはず。たまたま S7S の SSD の肥やしになっていたのが役に立った。世の中、いつ何が役に立つかわからないものだ。今後は、いざというときのために、このブータブル USB メモリのイメージを持ち歩くようにしようか。160MB くらいだし。