パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

年賀状宛名印刷

今回は、文面は印刷屋さんにお願いした。改めてじっくり仕上がりを見てみると、気に入らない所が多々。安かったのでまぁ、仕方ないところだが、妻は、来年はやめた方がいいと言っていたり。全体薄め(ガンマ補正を大きめ)にしたのだが、写真の中に一部異様に濃い色の部分があったりする。細かい所で。

それはさておき、宛名を印刷しないといけない。小生筆まめユーザで、住所録は筆まめで管理している。今年も HP Photosmart C7180 で印刷しようとしたのだが、失敗ばかり。とりあえず給紙に失敗する。数枚トライしたが、1枚もまともに印刷出来なかった。すでに印刷してある文面の摩擦が小さいせいで、ローラーが空転するようだ。もうお手上げ。ローラーが空転した部分の印刷が剥ぎ取られて傷になったり、とんでもない位置にずれて宛名が印刷されたり。昨年の印刷時の記録を参考に、クリーニングしたり、はがきに多少癖をつけて入れてみたりしたが全く改善せず。

そこで、死蔵していた ALPS の MD-5500 を引っ張り出してきてそれを使うことにした。とりあえずクリーニングシートを通してからはがきを入れてみたら、快調快調。C7180 で苦労していたのが嘘のよう。13年前に買ったプリンタとは思えないくらい。MD 方式というインクリボンで印刷するもの。白のインクやシルバー・ゴールドのインクがあるという、他に並ぶものの無いプリンタ。さすがに音がガチャガチャ煩く、印字速度も遅いが、普通紙でもくっきりとした印刷(水にも強い!)できる。印字位置の精度も1mmくらいのゆらぎがあるようだが、C7180 に比べれば十分。

まぁ、C7180 もすでに 6 回(年)目の年賀状印刷。インクジェット用紙じゃなかったという不利はあるものの、もう寿命か。そろそろプリンタを買い換えよう。年賀状シーズン終わりかけだと安くならないかなぁ。現在のインクよりも安いようなプリンタと比べると、10 年以上前のプリンタはしっかり作られているのか。多大な期待は禁物かもしれないが。