パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

DVD-RAM 殻割り 再び

実家の部屋を漁っていたら、昔使っていたノート PC のバックアップをとった DVD-RAM が出てきた。で、以前のように殻割りしてみた。ついこないだもやったような気がするのだが...

今回は 5.2GB の DVD-RAM。片面 2.6GB x 両面ってやつだ。まず、殻割りだが、少々手間取った。maxell のメディアで、スライドシャッターは外さずともディスクが抜けるタイプのようだ。とはいえ、ケースが融着されている部分があり、そこはカッターで無理やり切断した。カートリッジのお尻の部分のパーツが外せて、ディスクもスルっとでてきた。

で、LITEON の DVD スーパーマルチなドライブ DH-20A4P。ディスクを挿入してから認識までかなり時間がかかる。途中かなり高速回転でちょっと恐怖を感じる音がして... 認識できなかった。仕方なく、半分諦め気分でディスクを裏返して入れて...まだ激しい回転の後、認識できた! 中身を見ると 1999年あたりのファイルがゾロゾロと。片面はフォーマットしていなかったのか、もう読めない状態になっているのか... ラベルには何も書いてないのでわからず。

とはいえ、いやいや、こんな古いディスクでもちゃんと読めるとは。素晴らしい。ただし、かなりアクセスは遅い。もともと遅いのか、読み取りに手間取っているのかは良くわからないが、読めるだけでも有難いところ。DVD-RAM は 10年以上持つことがわかった。特にカートリッジ付きのやつは。でも、カートリッジから出してしまったので..とっとと他のメディアにコピーしてしまわないといけないのかな。う〜ん、やめておけば良かったかも。

[rakuten:pc-x:10001887:detail]