パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ドラッグでの文字列選択のクレーム

Web ブラウザ、テキストエディタ(メモ帳)で、また、エクスプローラでファイル名の編集の際など、マウスで文字の上をドラッグして、文字列を選択、その後コピーしたり貼り付けしたりする。最近どうも、思った文字から選択開始することを失敗することが多い。
感覚的には、その文字の左半分から右へドラッグし始めるとその文字も含めて選択される気がするが、実際には、中心から少し左まででドラッグし始めると、その文字は選択されない。文字の右半分から左へ、も同様である。左から文字幅の 25% の領域くらいから右へのドラッグは、その文字も選択されるが、感覚と実際の挙動が異なる 25% 幅の領域が存在するように思える。

普通に考えると、文字の中心線を境界とするんじゃないだろうか。こういう仕様にするメリットがよくわからない。気になりだすとしょっちゅう気になるもので、イライラする。個人的には、その文字をドラッグでなでるのが中心(50%)よりさらに少なくても、その文字を選択されてもいいんじゃないかと思うくらいだ。

なんとかする方法ないのかなぁ。