パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

VMWare でCPU 使用率の不思議

CentOS in VMWare on Windows7 な環境でシステムモニタで、あるプログラムを動かしながら CPU の使用率を見ていた。VMWareCentOS には 2CPU を割り当てていて、あるプロセスが全力で動いていたので、一方の CPU の使用率を見ると、100% フル稼働状態だった。
そこで、Windows7 のタスクマネージャで CPU の使用率を見ると、50% くらいの使用率の CPU (Corei7 なので、HyperThreading のも含めて 8個あるのだが)がいくつか、といった感じ。どういうこと?

VMWare 内でフル稼働の CPU は Windows 上では、複数のスレッドで動いているということ? なんとも信じがたい話なのだが。仮想 CPU は実 CPU 間を渡り歩いて実行されているのだろうか。

なんとも不思議な話である。

もしかして、仮想 CPU の 100% は、実 CPU の 50% だったりするのだろうか。CPU のベンチマークテストしてみた方がいいな。