パソコン・メモメモ備忘録

気の向くままパソコン関係等で気になることを書き記す。毎日更新を目指す!

ブートドライブ変更失敗の記録(2)

次の目標は、HDD 以外から Windows7 にアクセスできる(コマンドが実行できる?)環境をブートすること。拙宅の PC は DVD からのブートができない。DVD なのが悪いのかと、CD からブートすることを考えた。ただ、Win7インストーラは、CD には入らない容量だ。そこで
修復やサルベージ専用のミニ Windows がある。それが WindowsPE と呼ばれるもの。150MB 程度で CD にも入るらしい。Commolog さんのページを参考に CD を作成した。と書けば簡単そうだが、そこにも壁がいくつか。

まず、WindowsAIK で引っかかった。IE8 を使ってダウンロードしてきて、iso を DaemonTools Lite でマウントしたのだが、startCD.exe が Win32 アプリケーションじゃない、とか言われて起動できず。ダウンロード時にファイルが壊れたのかと、Opera でダウンロード(ファイルサイズが大きく、結構時間がかかるんだ、これが)。やっぱり駄目。7-Zip で iso を HDD 上に展開して startCD.exe を実行すると、うまく動いた。DaemonTools との相性が悪いのか?

先の Web ページの手順どおりに iso ファイルを作成。そこではたと手が止まった。生の CD-R が無い。在庫が切れていた。最近は DVD-R しか使っていなかったので、CD-R が残っていないことに気がついていなかった。ということで 100均で CD-RW を購入、これに焼いて、ここから起動だ!

でも、やっぱり駄目だ。DVD の時と同じエラー。DVD/CD の問題じゃなくて、ブートする何かの形式に対応していないってことらしい。

道はまだまだ長いぞ。